自分にピッタリの自動車保険を探そう!
インターネットだから出来る格安の自動車保険の見積もりサイトを比較しています。車の保険以外でもクルマに役立つ豆知識を色々と紹介!これから自動車保険に加入することを考えている方にとって少しでも参考になれば幸いです。 自動車保険以外にも学資保険やがん保険といった色々な種類の保険を同時に相見積もりや見直ししたい場合はこちらの保険見直しサイトでチェックしていきましょう。
自動車保険の選び方

自動車保険を少しでも上手に、賢く選ぶ方法について紹介してみます。まず自分はどんな保険に加入するのか、何が必要なのか内容をよく検討してみましょう。

車両保険は必要なのか、必要であるなら範囲はどうするのかなど、色々と内容を検討していきます。

そして自動車保険に加入する対象者を考えます。契約者の年齢に合わせて保険料が変わってきますので、年齢制限をどうするのか検討してみましょう。年齢制限を設けた契約をすれば、かなり保険料を抑えることができます。

そして具体的に自分が加入したい保険の内容がでそろったところで、それぞれの自動車保険会社に見積もりを依頼しましょう。

見積もりは数社に依頼するのが一番ですが、いくつも入力して請求するのが面倒な場合には一括見積もりサービスなどを利用すると手軽です。

見積もりの結果が届いたら、あとは、比較するだけです。保険料を契約する保険会社を決めるのですが、見積もり結果を見て、ただ単に保険料だけで選ぶというのは危険です。

きちんとサービス内容や自分に合った補償内容なのか確かめた上で選びましょう。保険会社の規模や財務状況なども格付けを参考にしてチェックしておくことは大切です。

自動車保険は万が一の時に備える保険です。必ず加入しておかなくてはいけませんが、ただどんな保険に入っていてもいいというわけではりません。自分にぴったりの補償内容で、なおかつ、無駄のない保険料の保険会社を選ぶのが一番です。

廃車時の保険では、加入していた自賠責保険や自動車任意保険についても確認を取っておく必要があります。

廃車した自動車の自賠責保険が、有効期限を1か月以上残っている場合、加入している保険会社から払戻しが可能となります。

これは、廃車した車の自賠責保険を、保険会社で解約手続きを行った日が解約日となりますので、この解約日から有効期限が1か月以上残っていることが条件となりますので注意しましょう。

手続きは、加入している保険会社によって異なりますが、登録事項の証明書、自賠責保険の証明書などが必要となります。手続き方法は直接、保険会社に確認を取るようにしましょう。

それから、自動車任意保険ですが、車を廃車にした時には忘れずに行いましょう。自動車任意保険を解約すると、保険料の返金が行われます。

解約の連絡を忘れると、廃車にしたにも関わらず、保険料を納めることになりますので、廃車する日が決まっている場合は、事前に保険会社へ解約の連絡を行っておくとよいでしょう。廃車後、自動車の購入がすぐであれば、解約せずに変更する形の方が、保険料がお得になることがあります。

保険会社にその旨を伝えて、相談してみるとよいでしょう。

このように、廃車手続きによって保険の返戻金があることも忘れずに覚えておきたいものです。何かと手続きは面倒ですが、きちんと行うことで、返戻金があることを知らずに損してしまっては勿体ないですよね。

新車購入時にかかる税金はいくつかあります。新車購入には何かと大きな費用がかかりますし、諸費用の内訳を理解するためにも、新車購入時の税金の把握をしておきたいものです。

まず、自動車取得税は購入時に一度だけかかる税金です。販売価格の90%から1000円未満を切り捨てた額の5%が自動車取得税になります。そして消費税。車両本体価格の他、オプションや代行費用などに課税されます。

自動車税は毎年4月に課税される税金で、月割で年度分を支払います。自動車重量税は新車購入時及び車検時に課税されます。税金でも4つが課税されるのですから、新車購入時には注意したいものです。

費用を抑えるためには、自動車取得税、消費税を抑えることが可能です。オプションを付けずに、納車後に取り付けすれば、自動車取得税を抑えることになりますし、消費税もカットできます。

本体価格の値引きも大きく抑えることに繋がります。代行費用などにも課税されるのですから、自分で出来るものは行ったり、サービスでカットしてもらうなどすることで、税金としての課税を抑えることが可能です。

特に、納車費用などは自分で取りに行けば加算されずに済みますし、車庫証明取得費用や登録代行費用などの金額も確認した上で、依頼するか自分で行うか検討してみましょう。

自動車税はクルマの排気量によって金額が決まっています。場合によっては、排気量を下げるために車種の検討を行うなども節約効果があります。

自動車保険ばかりで住宅ローンのほうは大丈夫ですか?変動金利について知っておこう。住宅ローンの減税制度についても理解しておくほうがいいよ