自動車保険 >  車の名義変更(普通自動車)

車の名義変更(普通自動車)

車の名義変更は、移転登録が正式な名称で、車の持ち主が代わったり、持ち主の住所や氏名の変更があった場合、15日以内に届出を行わなければなりません。

普通自動車の名義変更は、陸運局へ各種の書類を提出します。車の名義変更が正しく行われないと、自動車税の通達などに支障が出ます。

また、万が一、事故が起こった場合、様々なトラブルの原因となりますので、名義変更は速やかに行いましょう。普通自動車の名義変更で必要なものは、車検証、譲渡証明書、委任状、印鑑証明、住民票、申請書、手数料納付書、自動車税申告書です。

申請書、手数料納付書は陸運局で購入、備えつけのものを使用しますので、それ以外の書類を用意して陸運局に行きましょう。手続きは個人でも行えるので、陸運局に足を運ぶ時間が取れる場合は、自分で行ってみましょう。業者や行政書士に依頼することも可能です。時間のない方は、依頼するとよいかもしれませんね。

車の名義変更を行う場合は、車庫証明も必要となりますので、事前に用意しておきましょう。車庫証明の有効期限は1か月、住民票や印鑑証明書などは有効期限が3か月以内と決まっています。

期限切れには注意して、名義変更の手続きを行いましょう。出来れば、事前に申請書類一式を陸運局で用意し、記入してから行った方がスムーズに手続きが行えます。陸運局に行ってからでは、枚数も多く、また、大変混雑していますから事前に準備してから行った方がよいでしょう。

手続きいろいろ