自動車保険 >  廃車時の保険について

廃車時の保険について

廃車時の保険では、加入していた自賠責保険や自動車任意保険についても確認を取っておく必要があります。

廃車した自動車の自賠責保険が、有効期限を1か月以上残っている場合、加入している保険会社から払戻しが可能となります。

これは、廃車した車の自賠責保険を、保険会社で解約手続きを行った日が解約日となりますので、この解約日から有効期限が1か月以上残っていることが条件となりますので注意しましょう。

手続きは、加入している保険会社によって異なりますが、登録事項の証明書、自賠責保険の証明書などが必要となります。手続き方法は直接、保険会社に確認を取るようにしましょう。

それから、自動車任意保険ですが、車を廃車にした時には忘れずに行いましょう。自動車任意保険を解約すると、保険料の返金が行われます。

解約の連絡を忘れると、廃車にしたにも関わらず、保険料を納めることになりますので、廃車する日が決まっている場合は、事前に保険会社へ解約の連絡を行っておくとよいでしょう。廃車後、自動車の購入がすぐであれば、解約せずに変更する形の方が、保険料がお得になることがあります。

保険会社にその旨を伝えて、相談してみるとよいでしょう。

このように、廃車手続きによって保険の返戻金があることも忘れずに覚えておきたいものです。何かと手続きは面倒ですが、きちんと行うことで、返戻金があることを知らずに損してしまっては勿体ないですよね。

車のマメ知識