自動車保険 >  自動車リサイクル法について

自動車リサイクル法について

自動車リサイクル法は、2005年1月1日からスタートしました。自動車リサイクル法の対象は、基本的に全ての車に対して適用されます。

自動車リサイクル法により、車の所有者にもリサイクル料金の負担が義務付けられました。メーカーや車種などによって、リサイクル料金には違いがありますが、平成17年1月以降に新車を購入した場合、新車購入時にリサイクル料金を支払って購入しています。

それ以前の車に対しては、車検時に支払することとなっています。

リサイクル料金の支払が済んでいない車を廃車にする場合は、廃車時にリサイクル料金を支払うことになります。

リサイクル料金を支払っていると、リサイクル券が発行されます。このリサイクル券が無いと、リサイクル料金を支払った証明にならず、廃車にするなどの手続きが行えなくなるなどの不都合が起こりますので、無くさないように注意しましょう。

自動車リサイクル法は「使用済自動車の再資源化等に関する法律」が正式な名称です。使用済の自動車のリサイクル及び適正な処理を図るための法律なのです。中古車を購入する場合、リサイクル料金の支払が行われているかどうかの確認を行った方がよいでしょう。

ゴミを減らし、資源をムダにしないといった運動の一つでもあるのですから、車を所有する者の義務として、しっかりとした知識を持つ必要があるのではないでしょうか。このリサイクル法の料金は、1台の車につき1度支払えばよいこととなっています。

車のマメ知識