自動車保険 >  ナンバーの封印について

ナンバーの封印について

自動車のナンバープレートには、後部のナンバープレートの左側に封印を取り付けます。封印は都道府県ごとに異なり、又、封印作業は封印権限のある人でしか作業を行えません。

ナンバープレートの封印は、簡単に取り外したりすることが出来ないようにするためのものであり、ナンバーには封印が取り付けていなければ公道を走れないことになっています。

ナンバーの封印は陸運支局によってナンバープレート、封印を発行しているため、軽自動車にはありません。ナンバーの封印には正式に登録されていること、検査を受けていることを証明する意味があるのです。

このナンバーの封印を外すには、係員が外すことと法律で義務付けられています。また、封印が無いと公道を走れないため、陸運局の駐車場又は、陸運局持ち込みで係員に封印を外してもらうようにしましょう。

封印はアルミ製なので、簡単に穴があきますし、女性でも取り外すことは可能です。しかし、違法になりますので注意しましょう。

ナンバーの交換などの場合は、陸運局へ車ごと持ち込み、廃車の場合は、自分で外してナンバーと封印を陸運局へ返却しても構いません。この場合、自走しないことが条件となります。

ナンバーと封印が無い状態では走れませんが、仮ナンバーを取得すれば走行可能になります。普段はあまり気にすることも無い、ナンバーの封印ですが、きちんと意味があり法律上必要なものなのです。このことは、車を所有し走行させる上でもしっかりと覚えておくとよいでしょう。

手続きいろいろ