自動車保険 >  車庫証明手続き(普通自動車)

車庫証明手続き(普通自動車)

車庫証明は自動車保管場所証明が正確な名称です。普通自動車の場合、保管場所証明申請又は保管場所届出が必要になります。

保管場所証明申請は、新規登録で新しく新車を所有する場合や、所有者の変更、所有者の住所等が変更した際に行う手続きです。保管場所届出は、所有者や住所の変更は無いが、保管場所である車庫が変更された時に行う手続きになります。

車庫証明の手続きには、このように2種類ありますので、利用に応じて車庫証明の手続きを行いましょう。

車庫証明の手続きは警察署で行いますので、必要な書類を揃え、管轄の警察署に行きます。自動車保管場所証明申請書、保管場所標章交付申請書、保管場所使用承諾書、保管場所の配置、所在図、が必要になります。

警察署の車庫証明窓口へ申請料と必要書類を提出すると、自動車保管場所証明書、保管場所標章番号通知書、保管場所標章が交付されます。交付の際、標章交付手数料を支払います。有効期限は証明日から1か月以内となっていますので、注意しましょう。

保管場所が変更になった場合の保管場所届出の場合、自動車保管場所届出書、保管場所標章交付申請書、保管場所使用承諾書、保管場所の配置図が必要になります。

保管場所届出の場合、標章交付手数料だけで標章が交付されます。車庫証明の手続きの際、車庫と自宅までの距離が2キロ以内であること、車庫証明を同じ場所で重複していないことなどの条件があります。

【おやくだちNEWS】
TVでも特集されたオーネットの口コミより信用できるサイト。結婚チャンステストはちょっとびっくりするけどね(^^

手続きいろいろ