自動車保険 >  新車購入時の税金

新車購入時の税金

新車購入時にかかる税金はいくつかあります。新車購入には何かと大きな費用がかかりますし、諸費用の内訳を理解するためにも、新車購入時の税金の把握をしておきたいものです。

まず、自動車取得税は購入時に一度だけかかる税金です。販売価格の90%から1000円未満を切り捨てた額の5%が自動車取得税になります。そして消費税。車両本体価格の他、オプションや代行費用などに課税されます。

自動車税は毎年4月に課税される税金で、月割で年度分を支払います。自動車重量税は新車購入時及び車検時に課税されます。税金でも4つが課税されるのですから、新車購入時には注意したいものです。

費用を抑えるためには、自動車取得税、消費税を抑えることが可能です。オプションを付けずに、納車後に取り付けすれば、自動車取得税を抑えることになりますし、消費税もカットできます。

本体価格の値引きも大きく抑えることに繋がります。代行費用などにも課税されるのですから、自分で出来るものは行ったり、サービスでカットしてもらうなどすることで、税金としての課税を抑えることが可能です。

特に、納車費用などは自分で取りに行けば加算されずに済みますし、車庫証明取得費用や登録代行費用などの金額も確認した上で、依頼するか自分で行うか検討してみましょう。

自動車税はクルマの排気量によって金額が決まっています。場合によっては、排気量を下げるために車種の検討を行うなども節約効果があります。

自動車保険ばかりで住宅ローンのほうは大丈夫ですか?変動金利について知っておこう。住宅ローンの減税制度についても理解しておくほうがいいよ

税金について