自動車保険 >  車検の書類と法定費用

車検の書類と法定費用

車検にかかる費用には、点検整備料と法定費用があります。この、法定費用とは国に支払う税金と保険料のことを指します。

法定費用は車種などによって税額に違いがありますが、車検時に必ず支払わなければいけない費用です。車検が高いというほとんどが、この法定費用が占めている場合が多いものです。

法定費用には重量税、自賠責保険料金、自動車検査登録印紙代があります。この他、車検時には点検整備料がかかります。点検整備料は、車の状態などによって違いがあります。

車検の見積りでは、点検整備料によって違いが出ると思ってよいでしょう。法定費用には違いがありません。

この他、リサイクル料金があります。2005年1月より施行された、リサイクル法に基づき、リサイクル料金が支払われていない車両は、車検時にリサイクル料金を支払うこととなっています。リサクル料金は一度支払うと、その後、支払う必要はありません。

車検を通す場合、ディーラー又は民間業者への依頼かで悩むかもしれません。ディーラーの方が、費用は高くつくのが一般的ですが、長く乗りたい場合やしっかりとメンテナンスを行い車を大事にしたい場合はディーラー車検がオススメです。

民間業者の場合は、最低限、車検を通すだけといった場合に利用すると良いでしょう。また、車検予約を事前に行っておくことで、割引適用がされたりお得です。車の整備にも詳しい方は、ユーザー車検もオススメです。

車のマメ知識