自動車保険 >  ユーザー車検とは

ユーザー車検とは

ユーザー車検は自分で車検場に車を持ちこみ、車検を受けるというものです。ユーザー車検のメリットは、依頼せずに自分で手続きを行う分、費用が格安で済むという点でしょう。

デメリットとしては、業者やディーラーの保障が無い点や、書類作成や手続きを全て自分で行わなければいけない点でしょう。

また、大きな改造などを行っている場合、車検に通らないといった不都合が起きることがありますので、その場合の対応など、事前に確認しておく必要があります。

ユーザー車検は、所有者、使用者本人が行うものですが、家族など代理も可能です。普段から車のメンテナンスをしっかりと行い、不具合が無い状態であれば、ユーザー車検はそれほど難しくはありません。ユーザー車検は、車を知る良い機会にもなりますので、挑戦してみてはどうでしょうか。

ユーザー車検で不合格になった場合、不合格箇所の修理を行わなければなりません。書類には有効期限がありますので、有効期限内であれば、再度検査を受けることが可能です。

ユーザー車検時に必要な書類は、車検証、自動車税納税証明書、定期点検整備記録簿、自賠責保険証明書、継続検査申請書、自動車検査表、自動車重量税納付書、リサイクル券となります。

ユーザー車検を受ける場合は、管轄の陸運支局、又は、軽自動車検査協会へ車検の予約を入れます。平日のみとなりますので、注意しましょう。

ユーザー車検では、検査手数料印紙代1500円程度の他、自動車重量税、自賠責保険が必要になります。修理が無ければ、非常に安いのが魅力ですね。

車のマメ知識