自動車保険 >  自動車保険について

自動車保険について

自動車保険には自賠責保険と任意保険の二種類があります。

自賠責保険は強制的に加入が必要な保険で、任意保険とは車両保険、対物保険など事故など万が一の時に十分な保障を受けるために自分の意思で加入する保険のことです。

事故などでは大きな金額が必要となることがありますので、補ってくれる保険が任意保険ということになります。自分の身を守ってくれるのが自動車保険です。

自賠責保険は証明書が無ければそれだけで罰金となる、法律で義務付けられている自動車保険です。自賠責保険が切れた状態の場合、罰金または1年以下の懲役になるなど、非常に厳しく取り締まられています。

自賠責保険では死亡時、後遺障害時、傷害時で限度額内で支払が行われますが、金額的に不足であることや、対人、対物、搭乗者への保障が不足することから、ほとんどの人が任意保険へ加入しています。

任意保険は、各保険会社で取り扱っています。内容については、自分に合った保障内容を選ぶことが出来ます。各保険会社では、保険料も異なりますので、一括で保険料の見積りを行うと良いでしょう。

保険料は毎月の負担となることも多いため、任意保険の見直しなども定期的に行いましょう。事故などが無く、長期間利用していることで等級が上がり、保険料が安くなるといったメリットもあります。

任意保険では保険での保障の他に、事故や万が一の時には、自分に代わって様々な対応を行ってくれるといったメリットもありますので、利用するようにしましょう。

車のマメ知識