自動車保険 >  種類いろいろ

種類いろいろ

自動車保険の種類は、大きく分けると2種類あります。自動車損害賠償責任保険、そして任意保険があります。

自動車損害賠償責任保険は、通称自賠責保険と呼ばれており、車には必ずこの保険をかけておく義務があります。

そして任意保険の場合は、任意の保険なので義務ではありませんが、自賠責保険では補償されないところを補う保険ですから、車を持っている人は必ずかけた方がいいでしょう。車を持っている人の9割が任意保険に入っています。

自動車保険の範囲については歩行者を怪我させた、相手の車に乗っている人を怪我させてしまった場合の補償、相手の車や人のものを壊してしまった場合の補償といった対人・対物補償と、事故で自分と同乗者が怪我をした場合の搭乗者保険、自分の持っている車の修理費や盗難に遭った際の補償は車両保険で補うことが可能です。

自動車保険は、これらの補償を軸にして、特約などを付けることで、さらに事故が起きてしまった場合の金銭的なリスクなどもしっかりとサポートすることができるのです。

自賠責保険の場合には対人しか補償されませんし、上限もありますので、死傷事故を起こしてしまった場合には、十分な補償ができません。

ですから、自動車保険の任意保険に加入しておくことで、自賠責保険でカバーしきれなかった面で補うことができますから、必ず加入しておきましょう。ネットから申し込むことができる保険会社も増えていますので手軽に加入できるようになりました。

自動車保険について