自動車保険 >  リスク細分型保険

リスク細分型保険

自動車保険のリスク細分型保険は最近よく聞く保険です。運転する人の年齢・車種・車を使用する目的や、それぞれのリスクというのは、人によって違っています。

そうした違いに重点を置いて、それぞれの保険会社の基準を設定して、違うリスクに対して、細かい保険料を制定しているのが、リスク細分型自動車保険です。

具体的にはどんなリスクに分かれているのかというと、年齢、性別、等級、都道府県、自動車の使用目的、年間の走行距離、安全装置の有無といったものでリスクを分けて考えています。それぞれの自動車保険会社は、これらのリスクを参考に保険料を算出しているのです。

簡単に言ってみれば、走行距離が少ないという人は、あまり車にのらない人で、この人は交通事故に遭う可能性が少ないということになります。安全装置が付いている車の人も怪我をする可能性が少ないですし、等級が高いということはそれだけ安全運転であるという証拠です。

このような人たちはリスクが少ないと考えられますから、保険料が安くなるという仕組みです。

リスク細分型保険は保険業法施行規則によって、年齢、性別、運転歴、使用目的、使用状況、地域、車種、安全装置の有無、所有台数、この9つの項目によって保険料を決めることができるようになっています。

リスクが少ない人ほど保険料が安い仕組みですから、今までの保険料が一律だったときに比べると、ぐんと保険料を抑えることができるようになりました。

自動車保険について