自動車保険 >  保険料の決まり方

保険料の決まり方

自動車保険料は、純保険料率と付加保険料率の二つから成り立っています。純保険料率とは、保険事故が起きてしまった場合に保険会社が支払う保険金に使われます。

付加保険料率の方は、保険事業の運営経費として使われています。最近自動車保険料が安いところが増えていますが、通販型・ネット型の保険料は、実店舗型の保険会社の保険料よりも安いです。

この理由は保険商品を販売するときに、実店舗や代理店を設けていませんので、営業スタッフの人件費や実店舗・代理店の運営費がカットされています。

このカットされたコストがそのまま保険料に反映されているために、保険料が安いのです。通販型の自動車保険やネット型の自動車保険の場合には、こうした中間コストが大幅にカットされていることで安い保険料で保険に入ることができます。

自動車保険料は何で決まっているのか、それはリスクがあるかないかなどで決まっているリスク細分型保険もありますが、車種や年式、その人の等級などで決まる従来の保険もあります。

少しでも保険料を抑えたいと思っている人の場合には、出来るだけリスク細分型保険を選んだほうが賢いでしょう。

比較してあれこれ見積もりしてみたときに安い保険料の会社を選ぶというのもいいかもしれませんが、安いところが必ずしもお得というわけではありませんので、必ず補償内容も確認した上で、自分が万が一事故を起こしてしまったときにしっかりと対応してくれるかどうかを確認しておきましょう。

自動車保険について